アメリカへの進出はガルベラ・パートナーズにお任せください。

会社設立、会計、税務、労務、ビザ取得、ビジネスマッチングまで
ガルベラのアメリカ進出サポート

【東京事務所】東京都港区虎ノ門3丁目18番16号
【大阪事務所】大阪市西区立売堀1丁目2番12号
【福岡事務所】福岡市中央区天神1丁目15番5号

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

東京 03-5405-2815

大阪 06-6535-8828

福岡 092-781-2131

 

よくあるご質問

よくあるご質問

ここではよくあるご質問を掲載します。

アメリカの法人設立に関するご質問

設立登記までどれくらい時間がかかりますか。

登記州確定後、お客様のほうで決裁が取れ次第手続きを開始します。法人税務番号取得までを含めた法人登記はおおよそ1ヶ月程度です。お急ぎでの登記をご希望であればご相談ください。

登記可能な州はどこになりますか。

ご希望の州どちらでも設立のサポートをさせていただいております。

アメリカに進出を検討している場合、デラウェア州で登記をしたほうがよいのでしょうか。

デラウェアでの登記より拠点を置く州にて登記をされるのがよろしいかと思います。またデラウェアに登記をすることにより節税になるということはありません。

法人設立後にかかる費用はどれくらいですか。

設立後には、会計、ビザ申請、社内規定を作られるのであれば人事労務費用、加えオフィス家賃などがかかってきます。

アメリカに法人(子会社)を設立するメリットは何ですか。

現地子会社を設立することで訴訟リスクの遮断をすることができます。拠点があることで情報が入ってきますし、事業の展開がしやすくなると考えられます。

C-corpLLCではどんな違いがありますか。

C-corp(株式会社)とLLCの大きな違いは法人税がかかるかかからないかです。LLCはパススルー課税で出資者に直接課税されるため、法人税がかかりません。しかしながらLLCの出資者が日本親会社である場合、日本での米国LLCの取り扱いが外国法人の課税となるため、日本の親会社との損益通算は不可になります。

現地法人(C-corp)か支店どちらを登記しようか迷っています。それぞれメリットデメリットはありますか。

現地法人を設立することにより訴訟・税務リスクの遮断をすることができます。これが一番のメリットかと考えます。支店を登記した場合は、責任はあくまで日本本社になり訴訟や税務リスクが出てきます。また契約ごとをするにあたり日本の決裁を取らないと進まないこともあり効率が悪くなることもございます。とはいっても支店を設立することにより日本親会社様との損益通算ができるメリットもございます。

アメリカに法人を設立したらビザが申請できるのですか。

ビザ申請は弁護士が専門になります。弊社ではビザ専門の弁護士と連携をしております。お客様のアメリカの法人形態、事業規模、日本人駐在員が必要なタイミング等をヒアリングさせていただき、最適なビザ申請の準備からご支援させていただいております。

資本金の額に規定はありますか?

アメリカでは資本金額に規定はなく登記が可能となっております。

登記の際、資本金の額を登録する必要はありますか?

日本と異なり、アメリカでは資本金の登録は必要ありません。

顧問弁護士は雇ったほうがいいのでしょうか?

アメリカの弁護士は専門性がかなり細かく分かれています。例えばビザ専門、不動産、人事雇用など多岐に渡ります。事業、特にスタートアップに関する顧問弁護士の必要性についてはお客様の状況に応じるかと思います。弊社ではお客様の事業規模、展開に応じて適切なアドバイスをさせていただいております。

登記をする時点でアメリカのオフィス(住所)がないといけないでしょうか?

登記の時点で必ずアメリカにオフィスが必要である必要はありませんが登記後ビザ申請、事業展開を行うに当たってはアメリカでのオフィスが必要不可欠にはなると思います。登記後から住所が変更した場合は変更手続きをすぐすることが可能です。

米国の法人を清算するには手続きは煩雑になりますか?

債権債務の整理、タックスクリアランスが終了後法人の清算をします。手続き自体は煩雑ではありませんが、従業員を雇用している場合、従業員の解雇を円滑に行う場合に、別途弁護士へ相談する必要性がある場合もございます。

アメリカの会計・税務に関するご質問

アメリカに法人を設立しました。会計処理はいつからスタートすればよろしいのでしょうか?

法人設立をする前に、弊社にご相談いただければご案内させていただきます。もちろん法人を設立した後でも構いません。お気軽にご相談ください。

アメリカ法人税務申告はどこにするのでしょうか?

法人税の申告は連邦、州、市や群それぞれに申告をしていきます。

法人の確定申告の締切はいつでしょうか?

事業年度末の4か月後の15日までに申告をする必要があります。例えば1231日が事業年度末であれば申告は415日が締め切りになります。納税の延長はできませんが、延長手続きをすることにより申告書の提出は6ヶ月延長することができます。

従業員はいないのですが申告はしなければいけませんか?

アメリカに法人を設立した場合、課税所得の有無に関わらず申告書の提出が必要になります。

アメリカに銀行口座を開設したいのですがどうすればよろしいでしょうか?

アメリカに法人を設立し、EIN(Employer Identification Number)と呼ばれる番号を取得したらアメリカでの銀行口座開設が可能です。一般的には、日本からアメリカの銀行口座を開設することは難しく、渡米し、銀行が要求する必要情報を提出し、口座開設を行います。銀行により対応は様々ですが当日開設される銀行もあれば、数日かかる銀行もございます。

アメリカに法人を設立した後、日本でアメリカの経費を支払っています。どのように処理したらよろしいでしょうか?

立替処理を行いますが、なるべくお早目に米国法人でかかった経費は米国法人からお支払いただくことがよろしいかと思います。これはビザ申請にも関連致します。

進出前の調査

現地法人の設立

現地法人の会計税務

現地法人の人事・労務

海外駐在員のビザ

よくあるご質問

アメリカ進出サポートへのお問い合わせはこちら

アメリカ進出をご検討の企業様や、既にアメリカに進出されていて、アメリカのビジネスに長じた専門家をお探しの企業様は、ぜひ弊社の無料相談をご利用ください。

お問い合わせは、お電話またはメールにてお待ちしております。まずは弊社の専門家にお会いいただき、アメリカ進出支援の実力をご確認ください。

よくあるご質問
  • アメリカに進出したいが成功できるビジネスモデルかどうか悩んでいる
  • 法人設立や進出後の税務、会計のコストがいくらかかるのかを知りたい
  • ガルベラのサポート内容について詳しく聞きたい

ビザのご質問については有料となります。ビザは個人的なご相談はお受けできませんので、会社を通してお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

【東京事務所】03ー5405-2815

【大阪事務所】06-6535-8828

【福岡事務所】092-781-2131

  ※ 受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

無料相談

お問合せは、お電話・メールにて受け付けております。

東京 03-5405-2815
大阪 06-6535-8828
福岡 092-781-2131

アメリカ飲食進出支援

飲食店のアメリカ進出をワンストップでサポート!!

全国の飲食店の皆様に向けてアメリカ飲食コンサルタントが貴社のアメリカ進出をトータルサポートします。詳しくは下記のwebサイトをご参照ください。

赴任規程作成セミナー

海外赴任者の給与・税金・社会保険を一気に解決!

東京、大阪を中心に、隔月にて開催しています。海外のリスクマネジメントについてもご案内しております。詳しくは下記をご覧ください。

進出セミナー

アメリカ進出ノウハウの全てがここに!

東京、大阪を中心に、四半期ごとに開催しています。詳しくはお問い合わせください。

視察ツアー

アメリカ視察ツアー
現場にこそ答えがある!

不定期に、年3,4回のペースで開催しています。詳しくはお問い合わせください。

諸外国の海外進出支援

オフィシャルサイト

ガルベラ・パートナーズ グループのWEBサイトです。

中国進出サポート

中国の現地法人設立や許認可取得、香港中間法人、中国国内の組織再編など年間200件以上の実績

ベトナム進出サポート

企業視察、市場調査、現地法人設立、取得代行、銀行口座開設などをベトナムと日本でご支援

香港進出サポート

香港法人の年間維持経費も安く抑えることができる!安心な報酬プランでご支援

セミナー開催中

各国の進出セミナーのほか、国内のM&A、組織再編、人事評価制度、駐在員給与規程の作り方など、さまざまなセミナーを開催しております。

英会話(企業研修)

ネイティブ講師による英会話教室を運営しています。アメリカやアジアに進出の際は、ぜひ弊社の赴任前集中研修をご利用ください。

国際税務ドットコム

国際源泉課税、外国税額控除、PE課税、移転価格など、海外進出企業が直面する国際税務の問題を一気に解決します!

国際労務ドットコム

現地法人の雇用契約や就業規則の作成、駐在員のビザ申請、本社における外国人雇用・ビザなど国際労務をとりまとめております。

海外赴任ドットコム

駐在員の赴任規程のほか、現地の就業規則その他の規程作成、二国間社会保障協定などのご相談に応じております。